妊娠中でも脱毛を受けて大丈夫?

妊娠中はホルモンバランスが乱れやすくなります。妊娠中は非常に不安定な状態ですから、サロンでの脱毛は控えた方が良いです。
実際ほとんどの脱毛サロンで、妊娠中は脱毛を中止します。
妊娠中は生理中同様、非常に不安定な状態です。そのため、施術中に思わぬ痛みを伴う可能性があるのです。
痛みを伴う施術では、ストレスがかかります。また痛みから、早産のきっかけになると大変です。
このようなトラブルを避ける為にも、やはり妊娠中の脱毛は避けた方が良いでしょう。
ただ、妊娠期間は、約10ヶ月程度あります。その間まったく脱毛してはいけないということではありません。
サロンの機械を使った脱毛は控えた方が良いです。しかし電気シェーバーで簡単に除毛する程度でしたら、あまり問題ありません。
10ヶ月間もムダ毛を放置してしまうと、人と合うのが恥ずかしくなってしまいます。
特に妊娠中はホルモンバランスの乱れから毛深くなる人が増えます。そのまま放置しておくと、逆にストレスが掛かってしまいます。
ですから、体の負担にならないよう、電気シェーバーでサッとムダ毛の処理をしましょう。
母体の為にも、元気な子供を生んで、時間に余裕が出来てから脱毛サロンに行くことがお勧めです。

 

ウォーターサーバーと浄水器の比較

美味しい水を利用出来ると言った点では、ウォーターサーバーも浄水器も変わりはないのですが、使い勝手や水の種類が異なります。

 

具体的な違いの一つとして、ウォーターサーバーでは天然水を飲む事が出来ると言う点が挙げられます。
天然水には、体に良いとされるミネラル分が多く含まれており、血糖値を下げる効果なども期待出来るようです。
また、ウォーターサーバーは、ボトルを設置するだけで、いつでも使いたい時に冷水やお湯を利用する事が出来ますので、非常に便利です。

 

一方の浄水器の場合は、水道に取り付けて使用することが多いため、すぐに冷たい水を飲む事も出来ませんし、熱々のお湯を必要とする場合にも、ガスや電気ポットを使って沸かさなければなりません。

 

■より安全なのはどちら?

 

多くの浄水器は、塩素を除去する役割があるだけですので、その他の不純物を取り除く事は困難です。
一方のウォーターサーバーで使用されている水は、0.0001ミクロンの不純物までもが取り除かれた水であるため、安心して利用する事が出来ます。
もちろん細菌なども除去してありますので、安全性の点では、圧倒的にウォーターサーバーの方が高いと言えるでしょう。

 

■ウォーターサーバーは高いのでは?

 

ウォーターサーバーを設置すると、もちろんメンテナンスも必要ですし、電気代もかかります。
さらに、契約内容によっては、レンタル料金が発生したり、毎月決められた本数以上の水を購入しなければならない場合もあります。

 

しかし、水の安全性や利便性、利用する頻度など、様々な面から考慮すると、ウォーターサーバーの利用は、必ずしも高くつくと言うことではないようです。
例を挙げさせていただくなら「料理」です。今まで、ずっと使っていた水道水をウォーターサーバーの水に替えただけなのに、料理がとても美味しく感じられるようになったと言う方が、たくさんいらっしゃるそうです。
確かに、このようなケースでは、料理にかかる費用が水道水を利用していた時よりも高くなってしまいますが、その代わりに、いつもの料理が美味しく出来るようになったと言う大きなメリットもあるわけです。

 

ウォーターサーバーが高いのか安いのかを決めるのは、あなた自身の価値観であるのかも知れません。

更新履歴


このページの先頭へ戻る